読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野暮天堂

旅は道連れ、世は情け

時間を経て変わること【雑文】

f:id:homurajin55:20160505203836j:plain

 

 

昔ほど、テレビゲームをしたいと思わなくなった。

しかし、一方で将棋をはじめたいと思い始めた。

 

高校生の頃は理系だった僕。あの頃は数学とか物理学に興味があったが、最近妙に生物学や生態学――つまり自然環境について知りたくなってきた。

 

ある熱が冷めて、新しい熱がやってくる。

新陳代謝というべきか。

 

変わっていくことは悲しいとか怖いとか思っていた時期もあった。

しかし、所詮は諸行無常。変わらぬものなどない、と納得したつもりでいた。

だが、最近変わっていくことが楽しいと思えるようになってきた。

というか、もっと自然に受け入れられるようになってきた。

 

おじさんになってきた。

でも、おじさんもいいものだ。

 

今、生足で街中を闊歩しているきゃぴきゃぴのギャルも、いつかおばさんになるのか。

不思議なのだが、いつから、あの「おばさんっぽい感じ」は出来るのだろう。

正直な話、若い女性の「女っぽさ」が苦手である。

危ういから、とかそういうことじゃない。なんか、強い。心に尾崎豊より切れ味のいいナイフ。ぎらぎらしていやがるぜ。

時を経て、それが抜けていくのか。

いい感じだ。

 

とにもかくにも、変わることはそこまで悲しいことではない。

景色の見方が変わるのはいいことだ。

新しい場所に歩きに行こうと、そういう心を持てるのはいいことだ。

 

最近、デジカメを買った。

写真をとるために被写体を探すようになった。

「やっぱり鎌倉とか行かないと駄目かなあ」

などと考えるようになった。

きっと近いうちに鎌倉に行くことになるだろう。

何かを手に入れることによって起こる変化。

 

しかし写真の中におさめたいのは、普遍的なものだったりする。

不思議なものだ。

変化もいいが、変化しないものもまた求めているのだ。