読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野暮天堂

旅は道連れ、世は情け

【散歩記録】秋晴れの日【2016年10月15日】

今日は散歩の記録でも。

 

 

秋晴れも秋晴れ。立派な秋晴れだが、まだ日差しは強かった。

シャツを羽織って歩いていたけれど、暑くて脱いでTシャツに。

 

途中、ラーメン屋の換気扇から漂う熱気がむわっときて、うわっとなった。

もっと寒くなれば、この熱気のありがたみも出てくるというものだ。

 

f:id:homurajin55:20161015191819j:plain

 

やけにゆっくりと歩く四人の家族がいた。

うちの父は歩くのが速いので、あんなにゆっくりとのんびり散歩を楽しんでいる家族がいることを知り、ちょっとうらやましくなった。

 

 

久しぶりに近くの商業施設内の書店をチェックしたら、本棚の配置が変わっていた。

そして、豊富だった学術文庫が削減されていた……!!

講談社学術文庫がまるっと無くなっていて、けっこう悲しい。

売れないのか?売れないのかい?

それはそれでいい。この書店の楽しみ方を変えるだけだから。

だが、創元推理文庫もかなり削減されていたぞ……!!

店長!! あんまりだ!!

 

f:id:homurajin55:20161015192603j:plain

 

今日はカレーなので、じゃがいもとにんじんとルーを買う。

さらに、つけ麺専用の極太麺を買った。ちゃんぽんと味噌ラーメンのスープの素も買った。

 

 

家の前にいつも来ている豆腐屋の移動販売が来ていた。

はじめて挨拶した。いい人だった。

今度何か買ってみようかな。

 

うちはマンション。

エレベーターを使って我が家まで帰るのだが、エレベーター内で男性と同乗した。

二、三言葉を交わした。

天気の話題は、やはり誰とも共通に話せていい。

秋晴れは、気持ちのいい話題を僕たちに提供してくれた。

 

家に帰り、遅めの昼飯を食べる。

買った極太麺でちゃんぽんを作った。野菜ちゃんぽん。

これがなかなかおいしかった。

今度、ちゃんとした具材で作ることにした。

 

 

 

【おまけマンガ】

 

f:id:homurajin55:20161015201955j:plain