読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野暮天堂

旅は道連れ、世は情け

かってに料理をしてみたい

僕は檀一雄の本を読むのが好きだ。

なぜ好きかって、彼の本に登場する料理はどれも郷土の食材を活かしたものばかりなのだけれど、文章だけではどんな料理だかわからんのだ。そこが面白い。どんな料理なのだろうなあ、と想像するのが面白いのである。

池波正太郎のエッセイを読んでいても、そんな気持ちになることがある。

僕らの時代って、もしかしたら結構食文化が画一化してしまっているのかなあ、と思う。現に、檀一雄の『美味放浪記』(文春文庫)の裏表紙には、

およそ咀嚼できるものならば何でも食ってしまうというのが人類の大きな特質であるが、わけても著者はその最たるもの。先入観も偏見も持たず、国内国外を問わず、美味を求めて放浪し、その土地土地に根付く人々の知恵と努力を食べる。現代に生きる私たちの食生活がいかにひ弱でマンネリ化しているかを痛感させずにはおかぬ、豪毅なエッセイ集。

 とある。

 

檀一雄は、その土地の市場を歩いて見て回り、食材を集めては自分なりに料理してみることを好んだ。まったくもって天晴れであり、憧れずにはおられぬ。

 

そこで僕も似たようなことをやってみられたら、と思った。

「かってにキッチン」などと銘打つのはどうだろう。そうしよう。

して、どうやって進める?壇のように各地を遊行するわけにはいくまい。ひとまずは彼のような作家の本を読み、「これは」と感じたものを実際に作ってみてはどうか。

よし、そうしよう。

 

ということで、たまに勝手に料理を作ってみることにする。

お目汚しになってしまって申し訳ないが、どうぞよろしく。