野暮天堂

旅は道連れ、世は情け

【詩っぽい文】あしあと

君が当たり前に生きた証は、もうこの世界から消えてしまったよ

それでもどこかに息づいていると思いたい

だが、それがなんになるというのか

しかし、それが「なにか」になるということになんの意味があるというのか

形作られないものにだって存在理由はあるのだ

 

僕たちが生きている世界では明確さを求めているよ

純化できるものばかり信じられるよ

どうやら「帰結」が大事らしい

共通項しか、共有されない

でもそれは、とてもカサカサしたものだよ

あの人のなんでもない小言も空中に舞っていく

はっきり示せるものがいったいこの世の中にどれだけあるのか

 

夕方のいっとき、親子が交わす言葉は空に舞うようで

その実こころにしみ込んでいくものであったりする

僕が思い出すのは、友達と交わした何気ない会話だった

君の生活のなかに、そういったものがたくさんあったのだろうと

いまは思う

 

ねえ、君にとっての当たり前っていったいどんなものだったんだい

でも、それはもうここにはないんだね

だから僕らは、時代を下ってからだったとしても、近づきたがるんだ

なぜなら、君たちの当たり前の上に、僕たちの当たり前が存在しているから

 

君の涙のシミがある石畳を、君の笑顔が浮かんだ田畑の水面を

眺めてなんになるかわからないけど

どうしても覗きたくなるのは

僕たちも君たちの命を受け継いでいるから

 

 

広告を非表示にする