読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野暮天堂

旅は道連れ、世は情け

最近の趣味と言えば

朝の散歩は気持ちがいい

 

朝の散歩が最近の趣味となりつつある。

朝も朝、早朝である。

五時半にタイマーが鳴り、風呂を沸かしてから家を出る。

 

冬の空気は澄んでいるので、なかなか気持ちがいい。

まあ、つんざくような寒さがセットなので体が温まるまでの間はちょっと辛抱しなければならないのだが。

 

寒さ対策として、ユニクロのフリースを買った。

何しろそれまでは薄いジャージ一枚を半袖Tシャツの上に着ていただけなのだったのだ。

僕は風の子ではない。もう子供ではないのだから。

そんな人間が薄い衣一つ身にまとっただけでは冬の寒さに負けて当然。

フリースは僕に暖かさと安心感を与えてくれた。

 

早朝の暗さというのは不思議なものである。

一日の終わりと始まりの境目にいるような感覚を与えてくれる。

少しだけ得をした気分になる。

早起きは三文の得とはよく言ったものだ。

 

果たして散歩だけで痩せられるのか?

 

実はダイエットのために始めた散歩。

散歩でもそれなりにカロリーは消費すると知って、

「ならばこれと食事制限を合わせれば夏までにはスリムになっているのでは?」

という目論見のもと、歩き始めた。

まあ、実際走ったりするのは少し辛いので…。

僕の住んでいるところは山の上なので(実際に山岳に住んでいるというわけではなく、等高線上の話)、走り始めはいいが帰りにひたすら登るはめになる。また、起伏も激しい。まあ、なるべく起伏の少ないルートを見つけてぐるぐる回ればいいという話なのだが。

なんにせよ、散歩の気楽さを味わってしまうと走るのも億劫だ。

 

果たして、散歩だけである程度痩せることはできるのか?

朝、バナナを食べ、昼はそばを食べる、というような食事制限を行っていたが、バナナが結構高価なので朝の食事は普通にとることにした。

食事制限が万全で無い以上、散歩の効果に期待するより他ないが…。

 

やはり、走らないと駄目なのだろうか。

 

しかし、散歩には嬉しい効果がある

 

歩くことで脳みそが活性化し、思考が鮮明になる。

一日の始まりにスイッチを入れるのには最高かもしれない。

 

また、セロトニンの分泌も助ける。

一日を安定した気持ちで送りたいという人にはおすすめだ。

 

なにより、早朝に歩くと、

「もうこんな時間から起きて生活している人がいるのか」

と、少し新鮮な気持ちになる。

僕は少し自宅から歩いた場所にある公園を分岐点として設定している。

そこは結構広めの公園で、休日には親子連れなどが訪れ、和やかな時間を過ごしたり、バーベキューをして楽しんだりするのだ。

必然、ランナーやウォーキングの人たちも多いのだが、早朝でもそういった人たちは結構な人数いる。

「あ、またこの人いるや」

って感じだ。たぶんあっちも同じ感じなのだろうが。

 

まあ、ぼちぼちやるさ

 

散歩は気持ちがいいので、これからも続けよう。

ぼちぼちと。

ipodが壊れたので新しいものを新調しないといけない。

散歩の時に聴きたい曲があるのだ。

 


くるり - ハイウェイ

 

ゆっくりと歩きながら聴くには最高だ。

 

 

それでは、皆さんお元気で。

アディオス!!